中古マンションをスケルトンリフォーム

中古マンションを購入してスケルトンリフォームする

中古マンションをスケルトンリフォーム 古いマンションでも、性能が悪いなんてことはありません。
むしろ、立地条件が良かったり、使っている素材が非常に丈夫であったりとメリットも多くあります。
一番嬉しいのは金額的なものではないでしょうか。
そんな中古マンションをリフォームする際にデザイン性の高いスケルトンを利用してみると、日の光が入りやすくなり、明るい室内になります。
なんだかんだ言っても、太陽光の光は非常に明るいものです。
その太陽の光を取り込みたいと思っても、壁やカーテンなどで遮られてしまうと、光が届きにくい部屋はじめじめと湿気っぽくなりやすいのです。
太陽のエネルギーは暖かさだけでなく、セロトニンなどの幸せ物質を分泌するのにも効果があるとされています。
日差しが強い南国の地域に住んでいる方が陽気なのも、太陽のおかげかもしれません。
そんな太陽の光をしっかりと取り入れる為にも、リフォームする際にスケルトンを選択してみるのも良いでしょう。
光が入ることによって、室内が非常に明るい雰囲気になりますし、お洒落な空間演出にも繋がります。
冬場は暖かく、夏場はブラインドカーテンなどを使って上手に遮光することで、冷暖房を効率よく効かせることが出来ます。
素敵な空間で楽しい毎日をお過ごしください。

中古マンションをスケルトンリフォームする人が増えている

スケルトンリフォームが増えている 中古マンションを購入した場合、やはり気になるのが前の住人が住んでいた痕跡です。
賃貸とは違い、基本的には現状維持での受け渡しとなるため、クロスの破れや気に入らない柄、床や畳の傷みなどきになるところが多々あることでしょう。
しかしマンションの価値は内装ではなく立地です。
今人気なのが中古物件のリフォーム。
スケルトンリフォームというのは、購入した物件の壁や壁紙キッチンやトイレ、お風呂に至るまですべてを取り払い、間取りなどを全て自分仕様に作り替えることを言います。
最近ではこれを行う方が増えています。
もちろん、配管などの位置がある為、ある程度水回りに関しては場所の移動に配慮する必要がありますが、天井が低いと感じたら、その天井を取り払えば実はまだ上階までの余裕、高さがあるのです。
配管が通っている場合でも、それを剥き出しにするインテリアも格好いいですし、壁紙を張らずにマンションのベースとなるコンクリート打ちっぱなしをインテリアとしてもよいでしょう。
最近は壁紙の種類も豊富で、一部分だけタイル張りにしたり、色を変えたりするのも人気です。
スケルトンリフォームの利点は広さと立地さえ希望に叶えば、他は二の次なのです。
そのため、最近はこうしたスケルトンリフォームを行う方が増えています。

間取りを変えるリフォームで環境変化に対応する

住宅リフォームには汚れやキズなどを取り除いて見た目を良くする、設備を更新して利便性を向上させるなどさまざまな効果がありますが、間取りを変えるなど住空間の基本的な構成を変えることもできます。これにより、家族の成長や周囲の変化などに合わせて住まいをカスタマイズすることが可能になります。
リフォームによる間取りの変更法としては、部屋数を変える、部屋の用途を変更するという2つの手法に大別することができます。このうち前者では、隣り合う部屋の間に仕切り壁を設けたり、逆に取り払ったりすることで部屋数を調節します。子供が2人いる世帯で2人とも幼いうちは1つの子供部屋で過ごすが、ある程度成長したら2つに仕切って個室とし、さらに成長して1人が独立したらまた1部屋に戻すといった具合です。
後者の例では、寝室とキッチンの位置を入れ替えたり、リビングを1階から2階に移動したりと、いろいろなパターンがあります。近隣に住宅が立て込んで日当たりが変化するなど、周辺環境に合わせた変更が可能です。

リフォームで省エネ性能をアップさせる意味

リフォームは建物の修復が主な目的です。しかし、さまざまな点で改良を加えることも増えてきました。その理由として大きいのは、建物に関する技術の向上です。
新築時の技術を基準にしていると、リフォームしたところで現代の住宅には太刀打ちできません。同レベルの満足度を得るには改良を施すしかないというわけです。そして具体的な手段として、もっとも採用されているのが省エネの効率を高めることです。これだけで電気代やガス代を節約しやすくなり、長期的な視点で見ると家計は随分楽になります。部屋の断熱性能を高めるだけでも、エアコンにかかる負荷は大きく軽減されるでしょう。給湯器を新しいものに交換することで、ガス代が飛躍的に安くなることも期待できます。他にもさまざまなポイントがありますが、それらをできるだけ多く盛り込むことで、省エネの効率は一段と高まります。特に数十年前に建てられた住まいの場合、エネルギー効率を何も考慮していないケースも多いです。

リフォームで建物の雰囲気を変更することも可能

リフォームを実施することで住宅の雰囲気が大きく変わるケースもよくあります。重々しい日本家屋が軽やかな洋風住宅になった事例などもあるのです。たとえば、高い塀で囲んだ庭をオープン外構に変更すると、それだけで開放感が何倍にも増えます。あとは建物の外壁を洋風に変更していくだけで雰囲気は大きく変わります。反対に洋風の建物に対し、和風のアレンジを施すことも多いです。
もちろん、あくまでもリフォームなので元の要素維持することも基本となります。完全に用途を変更するとリノベーションに該当しますが、その一歩手前までを実施するといった具合です。もっとも分かりやすいのは外壁塗装であり、カラーを調節するだけでも外観の印象はかなり変化するでしょう。利便性や機能面だけにこだわって計画するのは得策とはいえません。特に親から引き継いだ住宅など、住んでいる人の感性と合わないときは、大胆にテイストを改める方向で計画するのが望ましいです。

リフォームをすると断熱性がアップして光熱費の削減につながります

夏になるととても暑く、冬になると逆にとても寒いという住宅に住んでませんか。これらの悩みを持っている住宅の多くは築年数が経っていることが多い傾向です。
築年数が経っている古い家は、断熱性が不十分なことが多いので、外の気温に影響されやすい特徴があります。このような悩みを解決することができるのが断熱リフォームなので、厚さや寒さを解消させたいと考えているのであれば、検討してみるのがいいでしょう。断熱リフォームを行うメリットは、冷暖房の効果をアップさせることができる点です。断熱材を入れる工事では、隙間をなくして気密性を高めているので外気の影響を受けにくくなります。それによってエアコンの効きがよくなり、意図したとおりに室温を調整することができます。またそのことから、光熱費を削減できるというメリットもあります。外気の影響を受けなくなれば、無駄に暖房や冷房を強める必要がなく、さらにエアコンを止めたとしてもしばらくはその室温を維持することができるので、光熱費の削減につながります。

リフォームで簡単に海外風にするポイントとは

リフォームをするのであれば、自分好みの内装にしたいと考える人も多いです。リフォームで好きな海外風のおしゃれな内装にしたいという場合のポイントは、どんなスタイルにしたいのかを明確にするということが重要です。
海外風と一言で言ってもカリフォルニアや北欧などさまざまなスタイルがあります。地域ごとにスタイルは大きく異なるため、自分がどんなイメージの外国を想像しているのかを明確にしていきます。
カリフォルニアスタイルにするのであれば、カジュアルで開放感のある間取りを目指します。木材やレザーなどを取り入れ、カラーはホワイトとブルーをベースにして、アクセントには海をイメージするものを取り入れます。
北欧は、天然木をベースにしたナチュラルな雰囲気の中に、自然を感じさせる明るい差し色を入れるのがポイントです。開放感のある間取りで直線的で装飾のない作り、ホワイトや薄いグレーなどを中心に、グリーンやイエローなどをアクセントカラーにしていきます。

おすすめリフォーム関連リンク

中古住宅や、レトロな中古マンションリノベーションなど、イメージに合わせてオリジナルで組み上げてくれます。

京都で中古物件のリノベーションをする